blog_title.jpg
M2K2C PROTOTYPE BLOG
えせDTP・WebデザイナーのM2K2C(えむつーけーつーしー)が、日々の出来事をテーマもなく、ゆる~く腹黒い感じに綴ってまーす☆ イラストとか写真とかもアリ(^0^)

パスワードをご存知の方のみが読める 「限定公開記事」 に設定している記事があります。一緒にゴハンを食べに行ったりするレベルの知人である限り、ご連絡いただければパスワードをお教えしています~☆
常に(笑)メンバー募集中です

タップダンサー ton が、宇都宮にて月1~2回ペースでWSを開催しています

タップシューズのない方も、まずはスニーカーで気軽に参加してください

開催日程・会場等、詳しい内容については、下記アドレスまで!
ton.tap.utsunomiya★gmail.com
(★を@に変えてください)

※携帯・スマホの方は、メールを受信できるよう、設定にご注意ください

← クリックで拡大
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
【Gyao】 着信アリ
久々の更新になっちまいました。
いろいろ考え事がりまして・・・(ホントか?:笑)

で、久々の更新は久々の映画レビューです


もともとホラー映画とかは得意じゃない。
けど、なぜだか数年に1回のペースで、ひとりぼっちでホラーを観ちゃうことがある

今回もそんな感じ。
ヒマだったので Gyao にアクセスし、お勧め欄に 「着信アリ2」 の文字を見つけたものの、1 を観ずして 2 はないだろう・・・と思って、まずはコレを観たわけ。

「続きを読む」以下は、ネタバレです。

着信アリ【着信アリ】

監督:三池崇史
企画・原作:秋元康
脚本:大良美波子
音楽:遠藤浩二
出演:柴咲コウ、堤真一、吹石一恵、岸谷五朗、石橋蓮司
2004年 / 日本

【Gyao作品紹介より抜粋】
携帯にかかってきた着信時刻は、3日後の未来。聞えるのは自らの死に際の断末魔…。秋元康の小説を映画化し、興収15億を記録した大ヒットホラーです。『クローズZERO』『殺し屋1』など世界から注目を集める、三池崇史監督ならではのショッキング描写も見どころ。柴咲コウが主演と主題歌を担当。共演には堤真一、吹石一恵ら。
女子大生の由美(柴咲コウ)と共に合コンに参加した陽子は、不気味な着信を受ける。聞き覚えのない着信音と共に携帯が鳴り、着信時刻は3日後、しかも自分の悲鳴に聞えるメッセージが残されていた。誰かのいたずらかと思っていたが、3日後陽子は壮絶な死を迎えてしまう。数日後、合コンに参加していたケンジの携帯にも「着信アリ」の文字が…。


前半の方が恐かった。。。
廃屋の病院のシーンで、お母さんがゾンビになって襲ってきた途端、なんか興ざめしちゃったンだ。
幽霊>ゾンビや物体 X じゃない?← わたしだけ?
あり得るか、あり得ないかって観点から、わたしはそう思ってる。

ところで、なんでお母さんゾンビは、主人公の由美を襲ったのかな?
お母さんが元凶じゃなかったわけじゃん?
娘を守る母心???

山下の妹の霊が言った「人にはそれぞれの空がある。」って意味が分からないのは、わたしがバカなのかな?

由美は、美々子に選ばれし人だったってことかなぁ・・・
他の人は殺したケド、由美には乗り移ったわけでしょぅ?
とても爽やかなエンディングだけど(笑)、あの笑顔の後に、山下は殺されちゃったのかなぁ・・・
疑問が「着信アリ2」を観れば、解決するのかなぁ・・・
それとも、も一回観れば、もう少し良く内容が分かるかな。。。
でも、もう観たくないな(こえぇ)

若かりし頃のサエコ(女子高生役)、ちらっとしか出てこないけど、やっぱり気になる顔と声。
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://m2k2c.blog121.fc2.com/tb.php/398-04b56c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック



+900

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。